« フィギュアスケート・・・まだまだ熱いですねぇ~^^;; | トップページ | おっスケート連盟さんのHPが今年度版にo(^^)o »

2006年6月28日 (水)

GPFはどーやったらでれるのか?

今週グランプリシリーズのエントリーが発表されたので、新しい情報が欲しいフィギュアファンの方たちは大盛り上がりでしたね(^^)

さて、そのグランプリシリーズと、そこで成績の良かった人がでれるグランプリファイナルについて、そのカンケーとかよーわからん!!って方もいらっしゃるようなので、ちょこっと書いてみます。(^^)

ちなみに、今年も同じ基準かどうかはまだわかりません(^^;;
まぁでも、多分似たようなものでしょう。(いいかげん^^;; )

と思ったら、これが今年の基準かな・・・・!?

グランプリシリーズはこの前エントリーを書いたように

アメリカ→カナダ→中国→フランス→ロシア→日本

と6カ国で開催されます。
んで、これらの大会に出れるのは昨年のISUのポイントが高かった人で、高かった人は2試合まぁまぁだった人は1試合でれるようです。なもんで・・・どんなに実力があっても2年も休んじゃった太田由希奈選手なんかは出れないんですね・・・・
(1年ぐらいだったら、その前の年のポイントが残ってるので、何とかなったんでしょうが・・・)

さて、じゃーグランプリファイナル(GPF)はどうやったら出れるのか!?
これは、順位に応じて得点が決まっているんです。

どうも今年は去年とちょっとポイントが違うようで、

  • 1位・・・15点
  • 2位・・・13点
  • 3位・・・11点
  • 4位・・・9点
  • 5位・・・7点
  • 6位・・・5点
  • 7位・・・4点
  • 8位・・・3点

となるようです。(去年は1位から12点、9点、7点、5点・・・だったかと・・・・)

で、2試合の合計点が高い上位6人がGPFにめでたく出場となるのです!(^^)
じゃー、昨年それほどの成績ではなかったので1試合か出られない選手にチャンスがないかというと、意外とそうでもありません。
1試合と言えども1位になっていれば、結構6位ぐらいでGPFに出れちゃうときもあるんですよっ!(^^)

ただ、このGPF・・・、ちょっとふこーへぇ~なところもあります。

  • 傾向として、アメリカ、カナダ大会はシーズンはじめなので、スコアが低くく、実力どおりの順位とならないこともある
  • 大会毎に出られる選手が異なり、実力にばらつきがある(06-07は中国、ロシアがちょっとレベルが低い感じが・・・その分お得です・・・(^^;;)
  • なんだかんだでGPFは6人しか出られない
  • 演技点がいくらよくても順位が低くては意味がない!(昨年の荒川静香選手はこれになかされました(>_<))

なので、GPFに出るには運と2回の順位面での安定性の比重が大切になります。

というわけで、GPFで勝てる選手はすごい選手なんですが、世界選手権やオリンピックとはまたちょっと違う結果になるんですね(^^)


あっ、ちなみにNHK杯とGPF以外は基本的に例年通りならNHK-BSで1,2週間遅れで放映されます!

まーまだまだ先の話ですが、楽しみに待ちましょう^^

|

« フィギュアスケート・・・まだまだ熱いですねぇ~^^;; | トップページ | おっスケート連盟さんのHPが今年度版にo(^^)o »

コメント

こんばんは。なんだか毎回お邪魔しててすみません(^^;) DOTAさんの説明を読んで、頭が「?」だった私もようやくわかってきました。
質問ですが「どんなに実力があっても2年も休んじゃった太田由希奈選手なんかは出れない」とのことですが、例えばそういう選手が復帰してまた大会に出るためにはどうしたらいいのですか? 国内大会などで勝ち上がって実績を作らないといけないということですか? 今季の全日本選手権で上位に行くしかないと言うことでしょうか。
あと、サーシャ・コーエンやイリーナ・スルツカヤは出ないですが、GPSに出なくても世界選手権には出られるのですか?(つまり、実績という面で他の選手と差がついてしまうのでは...) 選手によってGPSの重みが違うというのがよくわからないのですが...。
うーん、多分またすごい勘違いコメントを書いてるんでしょうね(--;)。素人ですみません。ではお邪魔しました。

投稿: a-ko | 2006年7月 2日 (日) 23時28分

 おじゃまいただいてありがとうございますo(^^)o
 さて、いただいた質問ですが、特に太田選手の件については正確なところはわかりません(ごめんなさい^^;;)
 太田選手については、ISUのポイントをちょっとづつ地道に稼ぐしかないと思います。
 ので、おっしゃるように、全日本で上位をとって四大陸選手権でポイントをもらうというのが一番の近道ではないかと思います。
 で、世界選手権へのGPSに出ないコーエン選手、スルツカヤ選手などの出場方法については各国の代表選考の基準によります。
 昨年の日本のようにGPSでのポイントを加味する形での選考基準ですと厳しいですが、たいていの場合は国内選手権で上位をとるなり、最悪特別推薦の形などで出場できるかと思います。
(クワン選手などはGPSにはここ最近滅多に出てませんが、しっかり代表になってましたしね・・・)
 ちなみに今年の日本の選考基準はDotaはまだ押さえていません(^^;; ただ、2年分のGPSでのポイントを加味するという、去年の選考基準はどちらかというと珍しいものだったかと思います。
・・・ちょっと、あやふやな感じで済みません(^^;

投稿: Dota->a-koさん | 2006年7月 3日 (月) 07時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/40193/2407613

この記事へのトラックバック一覧です: GPFはどーやったらでれるのか?:

« フィギュアスケート・・・まだまだ熱いですねぇ~^^;; | トップページ | おっスケート連盟さんのHPが今年度版にo(^^)o »