« NHK杯最終日 ブログ書かずにばたんきゅ〜です(^^;) | トップページ | スケアメ:女子SPの結果でましたっ!(^-^) »

2009年11月15日 (日)

【舞台挨拶】ゼロの焦点を観てきましたっ!(^-^)

久々に舞台挨拶です!
ブログには書いていなくても、何度か観にいっては居るんですが、久々な感じで書いてみます(^-^)

そうそう、この舞台挨拶!東宝の日と言うことで、なんと1000円o(^^o)(o^^)o
通常舞台挨拶は2000円が相場なので、これは嬉しいですっ!o(^-^)o

で、以下ネタバレないつもりですが、一応注意で・・・

■ゼロの焦点(犬童一心監督)
《感想》★★★

うーん・・・・(ぉぃ)
しっかりした作りで、いろいろと感じさせてくれる部分もありますし、俳優さんは皆さん力はいっているし・・・(中谷さんは入りまくってます(;^^A)
でもでも、やっぱり、ミステリーの原点というだけあって、当時からすれば、ミステリーとして結構な発想に加えて、重いテーマがあるからこその、大作なんだと思いますが、今から観れば前者はありふれた手法になっている関係で・・・・(原作がもちろん悪いわけでなく、当時こういうストーリーを考えたと思えばもちろんすごいんだと思いますっ!)、結局重いテーマの部分だけが印象に残る作品になったのかなぁと・・・
後、盛んに昔のこんな苦労の時代を乗り越えて今の世の中があるんだぁっ! という、これは原作なのか監督なのか!? そういったメッセージも強い様に思いました。
時代が昭和30年代なんですが、昔が懐かしめるわけでも、風景が綺麗なわけでもないような感じで・・・
あと、中谷さんは入り込む感じの名演ですし、広末さんは自然でいいかんじです(^^)
どちらも素晴らしい女優さんなんでです!でもタイプが違うんです。。。
主演級二人にタイプが違う方を持ってきているので、見る人の好みによって、どちらかの方を「なんだかなぁ~」と思ってしまうんじゃないかと、気になってしましました(^^;;
(Dotaはどちらも素晴らしいと思って観ていましたが、ネットとかの書き込みを観ていると・・・(^^;;;)
まぁとにかく・・・・売りとなる軸をはっきりさせていたほうがわかりやすかったんじゃないかなぁ・・・と
あっ、なんだかぐちぐち書いてますが、そんなに悪い映画ではありませんっ!はい(^^;;
(なんか、「おしい」感じなので・・・・ついぐちぐちと・・・・)

《舞台挨拶》
盛んにアナウンサーさんが、会場である日劇1を日本で一番大きい映画館とおっしゃっていましたが、その大きな会場の中、
客席の後方からの登場で、客席は大盛り上がり(^-^)b
先頭の広末凉子さんをはじめ、中谷美紀さん、木村多江さん皆さん気さくに握手に応えていて、ちょっとうらやましい!?(^^;;
舞台挨拶では、輝いている感じで、かわいらしい感じの広末さんに対比して、中谷さんの演じていた役同様のなんだか貫禄あるしゃべり口調で女優オーラな感じが面白かったです(^^;;;
中谷さんの話口調と内容に広末さん「かっこいい・・・」と突然ぽつりとつぶやき、会場は受けていました(^^;;;

撮影での苦労話では、監督さんが厳しい方のようで、撮影は深夜どころか朝まで及ぶそうで(@_@;
中谷さんも、木村さんもそのことを挙げておられました。お二人だけのシーンがあるのですが、ずーっと泣きながらの撮影が朝から、朝まで続いたそうです(;^^A
(中谷さん、木村さんの名演なシーンですね(^^))
広末さんは西島秀俊さんとの初日、しかも初顔合わせがいきなりの入浴シーンだったことを挙げていました(^^;;
西島さんも同様だそうです(;^^A

それにしても、広末さんはGOEMONの時も思ったのですが、他の方が喋られているときは、ずーっとそっちを観てこくこく頷いているのが、素直な感じでかわいらしい感じです(^^;;
木村さんはおとなしそうに、中谷さんは貫禄で・・・(^^;;
あっ西島さんもおとなしめで(^^;;

という感じで、豪華な舞台挨拶でしたっ!

このほか、夏にはサマーウォーズ、ほったらけの島も舞台挨拶に行ってますねっ!
(サマーウォーズはなかなか面白かったですっ!(^-^))
バラッド、アマルフィ・・・も行きたかったですが、、、、とてもじゃないですがチケットは取れず・・・(^^;;;;
沈まぬ対応は・・・うぅぅぅ

|

« NHK杯最終日 ブログ書かずにばたんきゅ〜です(^^;) | トップページ | スケアメ:女子SPの結果でましたっ!(^-^) »

コメント

 僕もようやく見てきました。
 いい映画でした。人間ドラマとして非常によくできていたと思います。広末さんのアップがやたらと多く、とにかく可愛くておきれいで、ずっと見とれておりました(笑)。導入部では薄幸な主人公に同情して映画に自然と感情移入していけるようになっていたし、逆にクライマックスは中谷さんと木村さんの迫真の演技で魅せる、と非常にバランスよく作られてましたね。
 個人的には、今年見た映画でベスト5に入る映画でした。

投稿: バラージ | 2009年12月15日 (火) 22時46分

おはようございますっ!
コメントありがとうございますっ!(^-^)

広末さんは生で見ると、さらに見とれますよぉ~(ぉぃ)
中谷さんと木村さんの迫真のやりとりは、迫力ですよね(^-^)
今年は、昨年ほど邦画が豊作ではなかったように思う中、なかなか良い作品だったと思います(^-^)

投稿: Dota-バラージ さん | 2009年12月24日 (木) 07時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/40193/32219724

この記事へのトラックバック一覧です: 【舞台挨拶】ゼロの焦点を観てきましたっ!(^-^):

» 「ゼロの焦点」戦後は終わったのか、改めて考える [soramove]
「ゼロの焦点」★★★☆ 広末涼子、中谷美紀、木村多江、西島秀俊主演 犬童一心監督、131分 、2009年(2009-11-14公開)                     →  ★映画のブログ★                      どんなブログが人気なのか知りたい← 夫の失踪、そして続く殺人事件、 これは戦争が引き起こした悲しい物語 「第二次世界大戦が遠くなった現在、 このテーマは身近に心に迫ることはない、 それでも自分の意志とは関係なく、 未来を選ぶ... [続きを読む]

受信: 2009年11月29日 (日) 18時36分

« NHK杯最終日 ブログ書かずにばたんきゅ〜です(^^;) | トップページ | スケアメ:女子SPの結果でましたっ!(^-^) »