« それにしても。。。。(^^;; | トップページ | カーリングも熱い!o(^-^)o »

2010年2月19日 (金)

同じ事を何度も書いてしましそうですが・・・・(^^;;

あ~ボーっとしてても、ニュースを見てても・・・・
思います。。。。

それにしても、高橋選手は本当にすごい!(^_^)b
 怪我からの復帰
 今季一番の演技をこの大会に合わせてきたこと!
 4Tに挑んだこと!
 4Tが失敗しても崩れなかったこと!
感服しましたっ!m(__)m

そのチェレンジする姿勢、ここぞの集中力!

ネット上の新聞記事に4T転倒後無難にこなして銅メダルなんて書いているところがありましたが、あの演技は無難ではないです!後半にあれだけのジャンプ!
しかも最後の最後に3Lz2回! 今季この厳しい後半を決めてこれなかったのに、オリンピックの場でダウングレードこそありましたが、決めてきたのは本当にすごいんですっ!o(T_T)ノシ

そして、織田選手も、小塚選手もしっかりとあわせてこれました!
小塚選手の4T! 織田選手のトラブルに悔しさをにじませても演技には現れない、崩れない演技!
世界選手権も次のオリンピックも本当に楽しみになりましたっ!(o^_')b

プルシェンコ選手の復帰があったからこそ、さらに、そして最高に盛り上がった本大会!
プルシェンコ選手は2位とはなりましたが、あの4Tを見ていると、やっぱり今後も4Tは必要だっ!と思わせてくれました(^-^)
やっぱり、プルシェンコ選手はすごい!(^_^)b
プルシェンコ選手が居たからこそ対極の姿勢を貫いたライサチェック選手も輝いたんじゃないでしょうか!?

そして、ジュベール選手、ランビエール選手は残念でしたが、その演技は忘れることが出来ません!

ウィアー選手も素晴らしかった! 
もちろんん、ライサチェック選手の第一滑走なのにあの集中力!にも恐れ入りましたっ!m(__)m

記憶に残ったところでは
 独特の世界観のシュルタイツ選手(あとはスピードですね!)
 やはり素晴らしいステップで魅せたハビエル・フェルナンデス選手!
 織田選手への拍手も暖かかったですね(^-^)

なんだか、すごい物を見させていただきましたm(__)m
選手のみなさんありがとう!お疲れ様でしたっ!(o^_')b

|

« それにしても。。。。(^^;; | トップページ | カーリングも熱い!o(^-^)o »

コメント

やはり4回転は無謀だったのでは。練習でもたいてい失敗してましたから。
「勇気」と「無謀」を間違えるのは日本人の伝統的欠点なのですが、いちかばちかで金メダルと考えていたのでしょうか。
ライサチェックは自分のペースを守り自己ベストでプルシェンコの出番を待つ。結果的にこれが勝つための賢明の策じゃないかと思いましたね。
でも銅メダルも素晴らしいことですね。快挙です。

オリンピックは魔物がいるんですねぇ。何が起こるか分からない。もしかしたらキムヨナも大ミスするかもしれませんね。

投稿: フィギュアマン | 2010年2月19日 (金) 21時07分

Dotaさん、こんばんは。

高橋大輔選手は結果は失敗したものの果敢に4回転にチャレンジしたことMineraは評価したいです。

今回優勝したEvan lysacek選手は確かにSP、FSともノーミスの演技でまとめてきてそれはそれでなかなか難しいことですし、素晴らしいことだと思います。優勝に値する演技だったと思います。

でも、Evgeni Plushenko選手が発言されていたように4回転ジャンプに挑戦しないで王者になる…というのも複雑です。4回転にチャレンジしていかなければ今後のフィギュアスケートが進歩していかないという言葉でしたが、今回いろんな意味で注目になった(^_^;)男子スノーボードのハーフパイプ競技を見て大技にチャレンジする選手が多かったのと比べると…。既に1回目で優勝が決定していたというのもあるでしょうが、2回目でさらに難易度の高い大技に挑戦して成功させてしまうショーン・ホワイト選手なんかはフィギュアスケートならまさにEvgeni Plushenko選手タイプでしょうね。もちろん大技だけにハイリスクハイリターンですけれど。見ている観客を魅了する素晴らしさはピカ一でしたね。

Evgeni Plushenko選手は今回のナンバーを単純に得点だけで評価するとEvan lysacek選手ほどしっかりとレベルの取れるものではなかったかもしれません、でもFSを見ていると随所で観客を楽しませる・盛り上げる内容でMineraとしてはEvan lysacek選手よりも印象に残った感じがします(表彰台でも高橋大輔選手と握手した後に1位の台をわざわざ越えていくなんてちょっとしたことですが、観客を笑わせる・楽しませてくれますね)。

フィギュアスケートの採点方法がハーフパイプと異なるために(特に回転不足のときの減点の大きさ)、大技に挑戦しづらい⇒無難なジャンプでGOEの加点をもらうほうが良い得点になるという現行のシステムを変更しない限りはフィギュアスケートの大技挑戦へという流れにはなりにくそうですね。

この問題はまだまだ論争が続きそうですね。

P.S:Mineraとしては…やっぱり4回転支持派かな(*^_^*)。

投稿: Minera | 2010年2月19日 (金) 23時50分

おはようございます。
コメントありがとうございますo(^-^)o

フィギュアマンさん>
まぁ。このあたり意見の分かれるところですし、どちらにしても想像の範囲を超えないですので。。。。以下、お許しくださいm(__)m
4回転だけに頼っているわけではないので、Dotaは高橋選手のはそれほど無謀とは思っていません(^^;
想定の範囲内でやっていたんでしょうし、自分の気持ちの整理もあるんだと思います。失敗しても成功しても、後ろをしっかりやれば高得点を狙える構成!これは普通の人に出来ることではないです。
むしろ4回転のリスクが高いことがわかっているからこその構成なんじゃないかと思っています(^-^)
4回転という技がなければ、怪我からの復帰後、あそこまでの演技構成やモチベーションにできなかったんじゃないかなぁ~と思います!
まぁ、ここは本当に意見の分かれるところですから・・・・(^^;;
モチベーションを保つっていうのはすごく大変なんだと思います。
今回のライサチェック選手は初めから4回転を飛ばない演技構成で、しっかりとくみ上げていますし、あれだけの精度を誇ったから勝てたのであって、派手さは無くとも、あれは誰にでも出来ることではありません(@_@;
ワンミスもせずほとんどクリアであったのに、ミスがある選手にかなり迫られていますから。。。。そういう意味では本当にすごいと思っています(^^;;;

Mineraさん>
ここ数回の世界選手権と、今回の結果を見て、4回転はちょっと・・・うけとられたくは無いですよね(^^;
プルシェンコ選手は体力的なことがあったのか、4T+αの演技が出来ませんでしたが、今の現状に本当にあきれてしまったんでしょうね(^^;;
ただ、今の採点システムになって、ジャンプ以外にも華が出てきたのは事実です。
だからフィギュアスケートは進化していないわけではないんでしょうけども、やっぱり、それを引き換えにある部分が衰退していってしまうと、トータルでは進化していないってことになっちゃいますよね。。。だからこそ、ソチではどちらも優れた選手が勝つようなシステム、雰囲気になるといいですねっ!(^-^)
Dotaの個人的な考えでは、3回転で攻めるのであれば、ほかに魅力がほしいですし、4回転で攻めるのでも、ほかも普通のレベルではいてほしくない。。。
○○のライサチェック選手!と言えないライサチェック選手は平均的にすばらしかった感じがするので、そういう意味では少し方向性が違うと思いました。
2007年シーズンの高橋選手、ジュベール選手、ランビエール選手は特徴もありハイレベルで本当にすばらしかったですね(^-^)
ジャンプについて、リスクが高すぎ衰退していっているからこそ、3A以上を高得点にしたり、回転不足に関係なくGOEをつけるようにしたりとちょっとづつ修正していっているんだと思います。
来季、どのように採点方法に修正が入るのか、見守りましょう(^-^)

追記:改めてプルシェンコ選手の映像を見ると、おっしゃるとおりなかなか楽しませるようにしてくれてますね(^-^)
今大会を沸かせてくれた功労者ですし、4回転時代のすごさの一端を見せてくれましたし、本当に記憶煮のころ選手だと思いました(^-^)

投稿: Dota->フィギュアマンさん、Mineraさん | 2010年2月20日 (土) 08時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/40193/33444763

この記事へのトラックバック一覧です: 同じ事を何度も書いてしましそうですが・・・・(^^;;:

« それにしても。。。。(^^;; | トップページ | カーリングも熱い!o(^-^)o »